IOS9001を取得する|企業のイメージアップにもなる

パソコン

健全なコンテンツを運用

男性

現代はパソコンやスマートフォンが普及しています。昔に比べほとんどの場所でインターネットに接続することができ、大人だけではなく子どもまで簡単にネットにアクセスすることが可能できます。インターネットの中には子ども向けではないサイトも存在しているため、フィルタリング規制をすることで青少年を危険から守ることができています。ですが、健全なサイトを運用している側にとっては、安全であることを証明する必要があります。そこで求められているものが、EMAの認定なのです。

モバイルコンテンツ審査・運用監視機構を略したものが「EMA」です。第三者機関となり、有害な情報から青少年を保護し、安全なモバイルコンテンツを発展させる目的で設立されました。フィルタリング規制にひっかかるサイトは、健全なコンテンツであっても青少年がアクセスすることはできません。EMAに認定されたサイトであればフィルタリングの対象外となり、安全なコンテンツとして運用することができます。

EMAの認定を受けるためには、資料を提出する必要があります。どのような運用体制になっているのか、常にパトロール体制は整っているのか、様々な基準をクリアしないといけません。少しでも基準からぶれてしまうとEMAの認定を受けることができなくなります。最近は、専門知識を持った業者へ依頼する会社が増えています。基準をクリアするためのノウハウを心得ているので、安心して任せることができるでしょう。